相談者に信頼してもらえるべく
何事にも真摯に取り組みたい

長谷川 裕子の写真

長谷川 裕子(はせがわ ゆうこ)

新橋本店
第二東京弁護士会

弁護士を志したきっかけ

今まで助けてもらった分、人助けをしたい

幼少期より、「弁護士という職はかっこいいものだ」と漠然としたイメージを持っていた私は、何の気無しに弁護士を目指していました。しかし、司法試験の勉強は私には難しく、周囲の人に助けられるうちに、「今まで助けてもらった分、人助けをしたい」と思うようになりました。また、司法修習生となり、実務の一端を垣間見た時、世の中には何らかのトラブルに苦しむ人が実際にいて、弁護士はそういった人のトラブルを法的に解決するために、時には相談者の人生を背負って奮闘する存在だということを実感しました。

法律事務所に相談に来る方は、独力ではトラブルを解決できない状況のことが多く、弁護士の責任の大きさを知ることができました。相談に来てくれた方が抱えている負担を少しでも減らす仕事をするべく、弁護士を目指す志を新たにしました。

私の信条

何事にも真摯に取り組む

大抵の方は、余程のことがなければ弁護士事務所などには足を運ばないと思います。抱えているトラブルについて他人に打ち明けるということは、それ自体負担の大きいことです。そんな中で私にわざわざ悩みを打ち明けてもらえること自体、ありがたいことです。相談に来てくださっている以上、そのお話は真剣に聴きたいと思っております。

また、弁護士はしばしば相談者にとって不利なことも含め、その問題について聴かねばならないことがあります。相談者にとって不都合なことを話してもらうには、話すに足るという信頼を持ってもらう必要があります。相談者に信頼してもらえるべく、何事にも真摯に取り組みたいと考えております。

プロフィール

長谷川 裕子(はせがわ ゆうこ)
第二東京弁護士会
東京大学法学部第一類学科、上智大学法科大学院出身