不安と喜びを共感できる
距離が弁護士の強み

林 通嗣の写真

林 通嗣(はやし みつし)

船橋支店長
千葉県弁護士会

私にできること

お客様の苦しみを理解することが最初の仕事

日常生活では法律問題は皆様にとって身近に感じられることはほとんどありません。人が弁護士と関わり合いになるのは、人生で一度あるかないかです。こうした場面の大半は、予想もしなかった大きなトラブルに直面し、不安や怒りや悲しみを背負われた際、はじめて経験されることなのです。初めての経験だからこそ、来所されるのを躊躇されたり、あるいは敷居の高ささえ感じられているかもしれません。私は、そのような、お客様が背負われた不安に共感し、お客様の立場に立って考えることが弁護士のすべき一番初めのことであると考えています。そして、どのような解決手段があるかを提案し、共に考えます。問題を解決するなかで、弁護士ではなくご本人が判断しなくてはいけない場面があるでしょう。しかし、十分な知識がないなか、不安に陥っていては、問題を解決するどころか、さらに大きく難しい問題を生んでしまいます。ご本人が安心して、ご自分に合った問題解決の手段を選ぶことができるように、丁寧に話を聞き、ご説明をします。

私の信条

共に考え悩み、一番の解決手段を導いていく

私が、このような不安と喜びを共感できる依頼者との距離の近さが弁護士の強みであると感じます。その距離感の中で私も、共に考え、共に悩み、最も優れた解決手段を探ります。だからこそ、ご来所いただいた方々の問題が解決し、不安を拭い去り笑顔を取り戻していただくことが弁護士の仕事であり、そして私が弁護士である証でもあるのでしょう。一人で悩み考えても、それが不安を解決できる手段であるかは分かりません。問題が大きくならないうちに、弁護士に相談されることを願っています。皆様のパートナーとして全力で仕事に取り組んでいきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

プロフィール

林 通嗣(はやし みつし)
千葉県弁護士会
上智大学法学部、慶應義塾大学法科大学院出身