新型コロナウイルス対策における
電話での法律相談実施について

安心と信頼の
リーガルネットワーク
構築に向けて

泉 義孝の写真

泉 義孝(いずみ よしたか)

代表弁護士
新橋本店
第二東京弁護士会

当事務所の特色

「お客様第一主義」を実現させる、「専門性」と「総合力」

泉総合法律事務所では、創設当初から様々な分野の事案を扱ってきました。そこで培った経験、知識、ノウハウは私たち泉総合法律事務所における大切な財産です。

弁護士に求められるものとして、特定分野に留まらない幅広い法律知識はもとより、お客様に対して様々な観点から最善のアドバイスを行うために重要となる「専門性」、そして「総合力」、この二つが挙げられます。

様々な法律が複雑に絡み合う法律問題を解決させるには、ひとつの視点から物事を考察してもうまく対応できません。より多角的な見地に立ち、様々な角度から検証することで、初めて問題の本質を見極め、お客様のニーズに対して柔軟に対応することができます。

また、数多くの解決実績に裏付けされた豊富な経験則やノウハウも非常に大切な要素となります。

その点、泉総合法律事務所では、多くの事案解決を通して培ってきた経験、知識、ノウハウを弁護士同士が共有し合うことで、多角的な視点に立って問題解決に取り組める“総合力”を高めております。

また、経験豊かな分野ごとの統括リーダ―を中心に、各弁護士が最新の判例や実務動向について勉強会を重ねることで、“専門性”を深めております。

“「総合力」を持つゼネラリストであり、高度な「専門性」を有するスペシャリストでもある“ という両輪を兼ね備えた弁護士集団であることが私どもの強みであると自負しております。

私の信条

代表弁護士として求められる責務を胸に

お客様からご相談いただく事案の中には、思い描いた通りの結果が得られないこともあります。受任当初からあまりにも不利な状況にあり、今後の弁護活動において窮地に立たされることが容易に想像できるようなケースであるためです。しかし、どれほど解決までの過程が険しい事案であっても、お客様の信頼を得た以上、最後まで諦めず、こだわりと熱意をもって最善の結果を模索することを決して諦めるべきではありません。

そのことを肝に銘じ、一人でも多くの困っている方を救済すべく、安心と信頼のリーガルネットワークを構築していくことこそが代表弁護士としての責務であると感じております。この想いを胸に、これからも私たち“泉総合”にしかできないサービスを実現させていきます。

プロフィール

泉 義孝(いずみ よしたか)
第二東京弁護士会所属
京都大学法学部出身