「今」だけでなく
「未来」も見据えて

田中 一軌の写真

田中 一軌(たなか かずき)

錦糸町支店長
第二東京弁護士会

弁護士を目指したきっかけ

育ててくれた社会への恩返し

私は小さい頃は体が強い方ではなく、医療関係者の方々の熱心な治療に何度も救われてきました。 また、学校においては先生に勉強を教えてもらい、クラスメイトに励まされ、地域の方々にも声をかけてもらってきました。 折に触れては思い出し、感謝しています。どんなに大変な時であっても見捨てられることなく、ずっと社会に支えられてきたという感覚は、私にとって一生の財産です。

弁護士という仕事を選択すれば、社会のあらゆる問題に専門家として切り込んでいくことが出来ます。 そして、自らが社会のニーズに手を差し伸べることで、人の役に立つ事が出来るのです。

こうして目の前のお客様一人一人に対して真摯に向き合うことが、手を取り合い支え合う世の中につながっていくものと信じて、弁護士を目指しました。

仕事をするうえで大切にしていること

ご相談者様のために

ご来所されたご相談者様の多くは、深刻な悩みを抱えていらっしゃいます。 当事務所の弁護士は、おかげさまでたくさんの仕事をさせていただいておりますが、ご相談いただくお客様にとっては一生に一度の重大な局面です。そのことを日々肝に銘じ、人生の一大事に直面されたご相談者様の声を真摯に受け止め、共に解決策を考えていくことが、弁護士の大切な職務であると考えています。

また、弁護士が関わるような問題は、ご相談者様の人生に長期間、大きな影響を与え続けることが多いのですから、対症療法でごまかすようなことがあってはなりません。

たとえば、法律相談の際には、表面的にご相談に乗るのではなく、将来の潜在的なご希望にも応えられるようなヒアリングをするように心がけています。 その上で調査を尽くし、ご相談者様が将来置かれる状況についても予測し、抜本的・終局的な解決を目指して全力を尽くすことが大切だと考えています。

プロフィール

田中 一軌(たなか かずき)
第二東京弁護士会所属
早稲田大学第一文学部、東京大学法学政治学研究科法曹養成専攻出身