法的トラブルで困っている方の
力になりたい

松井 大幸の写真

松井 大幸(まつい ひろゆき)

津田沼支店長
千葉県弁護士会

弁護士を志したきっかけ

こまっている人の力になりたい

中学生・高校生の頃から人の役に立ちたいという思いがあり、社会生活の問題について法律を用いて解決する弁護士に漠然と魅力を感じたのが最初のきっかけです。

大学生の頃、大学で法律を学ぶだけでなく、実務のことを知るために裁判傍聴にでかけたり、弁護士に直接お会いしたりする機会を通じて、弁護士の活動領域が非常に広いことを知りました。また、その頃、自分の身近なところでも法的なトラブルを抱えている人たちがいることを知り、法的なトラブルは、誰にでも、いつでも生じうるものだと感じました。それと同時に、法的トラブルで困っている人たちの力になりたいと強く考えるようになりました。その大学生の頃の経験が大きなきっかけとなり、弁護士になることを志しました。

私の信条

依頼者にとって最適な解決を

まず、依頼者とのご相談において、依頼者のお話を真摯に聞き、その思いを受け止めることを心がけております。依頼者の問題の解決には、その問題の本質を正確に把握することが不可欠であり、そのためには依頼者のお話をしっかりと聞くことが重要です。もし気になることや不安に思うこと等がありましたら、遠慮なさらずにお話しいただければと思います。

次に、依頼者からご依頼をいただいた際には、依頼者の立場に立ち、法律専門家として最善を考えて行動することを心がけております。依頼者の要望を正確に理解した上で、その要望に最も適う解決策を提案し、実行していきます。場合によっては、要望の実現が法的に困難なこともありますが、そのような場合であっても、要望にできる限り適うよう行動します。以上のことを心がけて、依頼者にとって最適な解決となるよう常に努力いたします。

プロフィール

松井 大幸(まつい ひろゆき)
千葉県弁護士会
筑波大学第一学群社会学類、首都大学東京法科大学院出身