新型コロナウイルス対策における
電話での法律相談実施について

依頼者との信頼関係を大切にし、
丁寧で親身な対応を心掛けています

蓑島 弘明の写真

蓑島 弘明(みのしま ひろあき)

調布支店長
第二東京弁護士会

弁護士を志したきっかけ

人の助けになれる仕事に憧れて

弁護士の頼りがいや、人の助けになれる仕事に憧れたからです。 学生の頃、友人が交通事故に遭い、その件で弁護士に相談したことが直接的には転機となりました。

私の信条

オーダーメイドを受けた仕立て屋のように

弁護士の力量を図る一つの指標として知識量がありますが、その知識は、法律改正があれば大きく変化しますし、また新判例や省庁などの解釈変更によりその運用も日々変わるので、常にブラッシュアップをしなければなりません。まず私は、これを怠らないことを大切にしています。

また、依頼者の方の信頼を得るためには、依頼者の方の人生や抱える紛争の背景について丁寧に聞き取りをして、共働していく土台を作る必要があると考えています。

そのようにして依頼者の方と信頼関係を作り、依頼を受ける事件の一つ一つに対し、オーダーメイドを受けた仕立て屋のように事件を進めていくことが重要であると考えています。

私は、依頼者の方の声に深く心を傾け、知識や経験から得られた事件の見通しを立てつつ、依頼者の方から見て納得のいく事件解決を目指し、日々研鑽に努めて参りたいと考えています。

プロフィール

蓑島 弘明(みのしま ひろあき)
第二東京弁護士会
早稲田大学人間科学部人間基礎科学科、日本大学大学院法務研究科出身