新型コロナウイルス対策における
電話での法律相談実施について

お客様が抱えている心の
重荷を下ろしてほしい

箕浦 友紀の写真

箕浦 友紀(みのうら ゆき)

新橋本店
第二東京弁護士会

依頼者様へ

弁護士は『○○』なイメージ?

皆さまは弁護士についてどのようなイメージをもっていらっしゃいますでしょうか。能弁で小難しい理屈や法律論を並べたてる人、あるいは、エリート意識があって尊大といったイメージをおもちかもしれません。日常生活で弁護士に関わることはそう多くないと思いますので、取っつきにくいと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

馴染みの薄い存在ですから、何かトラブルや困りごとがあっても、なかなか気軽に弁護士に相談しようというお気持ちにはなれず、おひとりで悩み、抱えきれなくなって初めて弁護士にご相談にいらっしゃるという方も少なくありません。

私の信条

心の重荷を下ろしていただくのも私たちの仕事です

ですから、私は、事務所にいらっしゃったお客様に、まずは悩みをお話しいただくことで楽な気持ちになっていただけるよう、お客様の不安や苦しみをできる限り理解し、共感するよう努めたいと思っています。まずは、お客様が抱えている心の重荷を下ろしていただければと思います。そのうえで、お客様の不安を取り除き、できる限り有利な形で問題を解決するお手伝いをさせていただくために、全力で問題に取り組んでいくつもりです。

弊所では無料の法律相談を実施しておりますので、まずは、おひとりで悩みを抱え込まず、お気軽にご相談いただければと思います。

プロフィール

箕浦 友紀(みのうら ゆき)
第二東京弁護士会
早稲田大学政治経済学部、明治大学法科大学院出身