新型コロナウイルス対策における
電話での法律相談実施について

はじめの一歩を踏み出すことが
最終的な解決を導く

佐藤 高宏の写真

佐藤 高宏(さとう たかひろ)

池袋支店
第二東京弁護士会

私の信条

ご依頼者様の喜びが私の喜びです

弁護士に相談される方は何らかのトラブルを抱えています。

そして、そのトラブルは人それぞれで、他の人には理解してもらえず、お一人で悩んでいる方も少なくありません。

そのようなご依頼者様の負担を少しでも軽減すべく、ご依頼者様のお気持ちに寄り添いつつも、弁護士として持つ専門的な目線から最善の解決をご提案できるよう、常に研鑽を心掛けています。

トラブル解決の際に「相談してよかった、ありがとうございました。」と笑顔で仰って下さるのが何よりの私の喜びです。

ご依頼者様の喜びのために弁護士としての能力、知識、経験を最大限発揮することをお約束します。

心掛けていること

ご依頼者様の目線に立った、分かりやすく丁寧な対応

弁護士というと「なんだか怖い」、「怒られそう」、「気軽に相談できない…」というイメージをお持ちの方がまだまだ沢山いらっしゃいます。難しい専門用語を並べられたり、弁護士からの一方的な説明ばかりが続いたりで、相談が終わってみれば「あまり私の話を聞いてくれなかった…」というご経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずはご依頼者様のお話を伺うことに最大限の時間と労力をかけ、難しい専門用語は避け、常にご依頼者様の目線に立って、図や表を使うなど分かりやすく丁寧な対応を心がけています。

また、弁護士の仕事というのは目に見えにくく、「依頼はしたものの、今どういう状況なのだろう」と不安に思われるご依頼者様もいらっしゃいます。

進捗のご報告をこまめにするなどご依頼者様とのコミュニケーションを大切にし、その中でご依頼者様の希望に沿った対応をお約束します。

まずはご相談を

トラブル解決のための第一歩を一緒に歩みましょう

どのようなトラブルでも何らかの解決策はあるはずです。

それが最短距離で最終的な解決策に至ることもあれば、最終的な解決策に至らなくても「現時点で何をすべきか」というのも一つの解決策です。

このホームページをご覧になった方は、まずは当事務所へご相談することが解決への第一歩となります。

一つ一つの積み重ねが最終的な解決策を導きます。トラブル解決のために一緒に歩きだしましょう。

プロフィール

佐藤 高宏(さとう たかひろ)
第二東京弁護士会
法政大学法学部法律学科出身