新型コロナウイルス対策における
電話での法律相談実施について

人の苦しみが分かる
弁護士でありたい

田頭 博文の写真

田頭 博文(たがしら ひろふみ)

八王子支店長
第二東京弁護士会

弁護士を志した理由

企業勤めから一念発起して弁護士へ

大学時代は「弁護士になりたい」という気持ちはあまりなく、授業の他には特に法律の勉強はしてきませんでした。卒業後は一般の企業に就職し、日本全国を2~3年おきくらいに転勤する生活を送っていました。

社会人3年目くらいの頃だったでしょうか。事業部門から争訟事務を取り扱う部署へ人事異動を命じられました。

取り扱う裁判の大半が訴えが提起される何年も前の出来事が原因となっていたため、当時の資料を収集すべく、会社の書庫で埃まみれになりながら書類を探しました。そして、そこから当時の経緯や事実をまとめ、こちらの主張を整理して、顧問弁護士に説明するといった業務を繰り返していました。

そのような経験をしているうちに、事実と証拠に基づいて法的主張を展開する弁護士の仕事に心を惹かれるようになると同時に、会社や団体ではなく、困っている人の助けになれるような職業に就きたいと思うようになりました。

安定した企業勤めではありましたが、次第に弁護士になりたいという気持ちが強くなり、退職を決意。アルバイトをしながら一から法律の勉強を始めて、弁護士になりました。

私のモットー

人のために

人より遅く、時には回り道もしながら、弁護士になったので、その下積み時代にはいろいろな苦労もありました。

しかし、その時の苦労があったからこそ、法的なトラブルに直面し困っていらっしゃる方のお気持ちやご苦労がとてもよく分かります。

「困っている人の役に立ちたい」。その初心を忘れずに、ご依頼者様の不安や苦しみを少しでも取り去ることができるよう、全力で弁護活動に当たってまいります。

プロフィール

田頭 博文(たがしら ひろふみ)
第二東京弁護士会
中央大学法学部、中央大学法科大学院出身
国際委員会 所属