依頼者と同じ目線で、
寄り添いながら、
さらにその先へ

山森 一男の写真

山森 一男(やまもり かずお)

柏支店長
千葉県弁護士会

私の信条

案件に対し誠実に、粘り強く向き合いたい

私は、日々の相談や依頼を受けての事件解決にあたって、誠実であることと、法律のプロフェッショナルとして常に先を見据えることを大切にしています。

事件解決にあたっては、依頼者の方と誠実に向き合い、お話に真摯に耳を傾け、まずは何を望まれているのかを的確に把握することを心掛けます。そして、事件解決にあたってのイメージを常に持ちながら、それに向けて依頼者の方からヒアリングをしたり、資料を収集したりしながら、事件解決に必要な材料を集めていきます。別の言い方をすれば、依頼者の方と同じ目線に立ち、寄り添いながらも、さらに先を見据えることを常に意識しているのです。案件によっては、事件解決に向けた業務を進めていく中で、こちらの主張を法律論として組み立てることが難しいことや、困難な交渉事など、様々な障害が待ち構えていることもありますが、案件に対し誠実に向き合い、あきらめずに何か方法がないか、ということを常に考え、ときに所内の仲間とも議論を重ねながら事件を解決に導きます。

私の信条

一つ一つの案件に、それぞれの解決を

弁護士の業務というものは、いくら知識を吸収し、経験を積んでも、依頼者の方の抱える事情や案件の解決方法は様々で、一つとして同じものはありません。しかし、その一つ一つの案件を解決することがやりがいでもあります。これを読んでいただいている方の中で法的な紛争をかかえていらっしゃる方は、相談だけでも気持ちが楽になるかもしれません。もちろんご依頼いただければ紛争解決に向けて全力を尽くしますので、ぜひ一度ご相談ください。

プロフィール

山森 一男(やまもり かずお)
千葉県弁護士会
早稲田大学法学部、東京大学法科大学院出身