困難に直面した方の
助けになりたい

秋葉 俊孝の写真

秋葉 俊孝(あきば としたか)

川崎支店長
神奈川県弁護士会

弁護士を志した理由

実際に法的トラブルに直面してみて

私が弁護士を目指したきっかけは、私が中学生・高校生の頃、家族が相続をめぐる紛争に巻き込まれたことにあります。そのときに、法的トラブルに巻き込まれたときの恐ろしさや苦しみを知りました。

そのことから法律に興味を持つようになり、大学で法律を専攻。すると、法的トラブルに誰しもが巻き込まれる可能性があるにもかかわらず、法律を使った解決が十分になされていないのではないか、困難に見舞われた人が十分に声をあげることができていないのではないか、と強く思うようになりました。

そこで、法的なトラブルに巻き込まれて苦しんでいるにもかかわらず、ご自身では解決策を見出せず、誰かに気軽に相談することも難しい方たちの力になりたいと思い、弁護士になりました。

お客様の中でも、「周囲からどう見られるかわからない」、「抱えている問題を理解してもらえないのではないか」、「弁護士に相談するのは心理的ハードルが高い」などの理由から、一人でその重荷を抱え込んでしまう方も多くいらっしゃいます。そういった方に、まずは遠慮なくご相談に来ていただき、その心の重荷を下ろすことから始めていただければと思っています。

私にできること

最適な選択をしていただくために

法的トラブルはご依頼者様の人生に大きく関わる問題です。私は、弁護士の仕事とは、その重大な問題について、ご依頼者様それぞれにとって最適な選択をしていただくためのお手伝いをすることだと考えています。そのため、ご相談いただく際には、まずはご依頼者様のお話をじっくり伺い、抱えている問題や要望を的確に理解することからスタートします。

その上で、弁護士の立場から、ご依頼者様にとって最適と思われる選択肢を提示させていただきます。ご依頼者様の要望を第一に考え、その要望をかなえるための選択肢を出来る限り提示するよう努めます。もちろん、法的に困難な要望の場合にはその旨お伝えいたしますが、その場合にも、なるべくご依頼者様の要望に近づけられるような案を提示することを心がけています。

プロフィール

秋葉 俊孝(あきば としたか)
神奈川県弁護士会
青山学院大学法学部、一橋大学法科大学院出身